生活保護申請をするときに知っておくべき事や注意点について

SITEMAP

生活保護申請をするときに知っておくべき事や注意点について

生活保護申請を行う人には権利と義務が発生する

丘の上で並ぶ

自分が生活保護申請を行うことを想像すれば、どのような振る舞いをするでしょうか。自分は社会的に弱い立場にあると思い込み、弱気に卑屈になってしまうでしょうか。あるいは公が助けてくれるから大丈夫だと、気楽に悠長に構えるでしょうか。確かに、生活保護制度は困窮者をしっかりと助ける制度ですが、生活保護申請を行う人には権利と同様、様々な義務も発生します。大原則として、生活保護とはあくまで社会復帰を目的として、苦しい間の生活を支える扶助制度であるということです。生活保護の受給者は、もてる能力や機会を勤労のために注ぎ、支出の節約を図り、生活の向上に図らなければなりません。また、それらの目標達成のために、福祉事務所や指導員から助言や指導を受けた場合には、基本的にこれに従わなければなりません。ただ単に働かずにお金がもらえるなどという生易しい制度ではないのです。同時に、生活保護申請を行ったからといって、不当な扱いを受けることもありません。あくまで平等な扱いを受けることが当然ですし、支給された保護費を横取りされたり、不当に差し押さえられたりすることもあってはならないことなのです。このように、生活保護申請を行ううえで発生してくる権利と義務を正しく理解し、適切に制度を利用することが肝心です。

イチオシ情報

TOP