生活保護申請をするときに知っておくべき事や注意点について

SITEMAP

生活保護申請をするときに知っておくべき事や注意点について

生活保護申請の時に知っておきたい8種類の扶助

話をする老夫婦

生活保護申請をするともらえる8種類の扶助について説明します。
生活保護費は最低生活費を基準にして計算するので、生活保護申請をした地域により金額が変わり、生活保護申請をした場所が都会か地方かでも金額が変わってきます。
1つ目の生活扶助は、基本的な生活にかかる食費、被服費、光熱費などがもらえます。
2つ目の住宅扶助は、家賃、地代、住宅の修繕費、更新料、引っ越し費用などがもらえます。
3つ目の教育扶助は、教材費、給食費、通学費などの子供の義務教育にかかる費用がもらえます。
4つ目の医療扶助は、医療券を使っての治療、手術、薬など現物支給と最小限の通院費がもらえます。
5つ目の介護扶助は、居宅介護や予防介護などのサービスの現物給付と、福祉用具を購入したり住宅改修をするための費用の現金給付があります。
6つ目の出産扶助は、病院や助産施設で出産するための費用がもらえます。
7つ目の生業扶助は、小規模な事業を行うための資金を支給する生業費、就職するための技能を習得する技能修得費、就職が決まり働く際に必要な身の回りの物を購入するための購入費や交通費を支給する就職支度費、子供の高校の授業料などがもらえる高等学校等就学費の4つです。
8つ目の葬祭扶助は、お葬式、火葬、埋葬などの費用がもらえます。

生活保護申請時に借金がある場合は?

生活保護申請をする時に借金があると生活保護が受けられないのではないかと思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、実は借金があっても生活保護は受けられます。
ただし生活保護費で借金を返済することは不正受給に当たるため禁止されています。
生活保護を受給している間は、借金の返済も新たな借入も借金の放置も出来ません。
それなので基本的には債務整理をして自己破産をする事になります。
また生活保護申請時に抱えていた住宅ローンは、ローンの残高と返済年数によっては、ローン付き住宅を保有したまま生活保護を受ける事ができます。
どの程度のローン残高と返済年数が残っている場合に受給可能なのかという基準はお住まいの地域によって違いますが、例えば東京都は「期間は5年程度、毎月のローンの支払額が世帯の生活扶助基準の15パーセント以下程度、ローン残高が総額で300万円以下程度」という一応の基準を設けています。
また生活保護申請時に所有していたスマホやパソコンは所有し続けられますが、新たに購入する場合、債務整理などをしてブラックリストに載っていると分割払いが出来ないため、一括払いで購入する事になります。
しかし中古のスマホやパソコンなら安い物も沢山あるので、一括払いをする場合は中古のスマホやパソコンを検討すると良いと思います。

生活保護申請をしてみよう!その手順について

働きたくても働けない事情がある、お金が無くて暮らしていくのも苦しいなどの悩みはありませんか。そんな方はずっと悩んでしまうよりも、生活保護申請をすることがオススメです。生活保護申請はお金に困っているのであればどんな人でもどんな場所でも行えます。ではどのような手順で行えば良いのでしょうか。まずは生活保護申請のために必要な書類を用意しましょう。自分が今どのような状況にいるのかということを示す必要があります。また、身分証明ができる書類も用意しておくと、申請する際にスムーズに手続きを行えるでしょう。これらが準備出来たら福祉事務所の窓口に相談をしに行きます。ここでは先程用意したものを証拠として自身の困窮を話すと良いでしょう。それらが終わったら、申請書を書いていきます。申請書は福祉事務所においてあったり、ホームページにあったりするのでそのから記載してください。他にも印鑑や健康保険証なども必要になるので自分でよく調べてから申請します。あとは本当に生活保護を受けられるのかの調査が行われるのでそれを待つだけです。30日以内には受給可否が分かるのでそこまで時間はかかりません。生活保護は本当に生活に困っている人ならば誰でも受けることが出来るものです。正しく申請して今よりも良い生活を手に入れましょう。

もし、生活保護申請する以前に住む場所についてそもそも困っているという方は、【生活保護受給者向け住居支援センター】に一度相談してみることをおすすめします。この支援センターでは、住む場所の支援や生活保護申請も代行をお願いすることが可能です。

イチオシ情報

TOP